2022年05月19日

スタジオでバンド演奏の練習

久しぶりに生音で練習できたので気持ちよく疲れた。生の音が出せるスタジオには音楽を楽しむ者たちにとっては価値がある。
3時間やって頭割りすれば1350円とリーズナブルな遊び方。本番前に練習して演奏がしっかりとまとまることが我々には大事なことだ。
音響が良いことも大事に要素で、ある程度の音量を出したときに音が歪まないのがよい。
演奏の緊張感もあって心地よく疲れるのだ。
posted by tosy at 11:34| ごきげん

2022年05月18日

ユニフォームとしてのアロハシャツ

バンドメンバ用のお揃いアロハシャツを店に注文制作を依頼することが多い。全員が同じ生地でアロハを着るためにはそうするしか無い。女性用のムームーまで同じ柄にしたいときも同様だ。

オーダー品は価格も高く完成するまで納期がかかるため、主演予定日までに必要な場合には向かない。
既製品を買うことはできるが同じ柄のものは枚数に限りがある事が多い。できるだけアロハ専門店を探すようにしている。
posted by tosy at 00:00| ごきげん

2022年05月17日

コロナ禍の演奏の難しさ

演奏して歌を歌うだけで、飛沫が飛ぶわけなので、参加者を限定することが大事だ。本気で対策するなら参加者は全員が抗体検査をして感染者の参加を防ぐことも大事だ。そうしないと感染防止を本気で行うことにならない。

しかし、そこまでやって参加したいと思うのだろうか。疑問にも思う。
そこは品格の問題なのだ。
posted by tosy at 00:00| ごきげん

2022年05月16日

スチールギターセッションの準備

スチールギターのセッションをすることを計画したい。
といってもスチール奏者は少ないのでメンバーを決めているわけではない。

まずは多くのプレイヤーが演奏するであろう曲のバックトラックを用意する。
キーや繰り返し回数を自由に決められるiRealで整備するのがよい
とりあえず、バックトラックを20曲ほど用意して、セッションできる状況を作ってしまう。

やがてジャズバンドと一緒に演奏することもできるようになるだろう。
posted by tosy at 12:00| ごきげん

2022年05月15日

コミュニティビジネスについて

地域の課題を地域で解決するビジネスという意味で「コミュニティビジネス」という言葉は使われている。地域に貢献する地元住民がビジネスの形で課題解決することは理想的な姿だと感じる。
ビジネスという以上は、個人事業主か会社法人にして人を雇ったり収益を上げて税金を支払う必要がある。

趣味で店を開くのと、ただ好きなことをするのとは収益という点で異なる。
ただ好きなことをして過ごしていきたい自分には、所詮ビジネスという言葉は不釣り合いだ。

演奏するだけで喜んでくれる人はいるし、趣味をするのだから当然のことと言える。

「自分がわくわくすることにだけ時間を費やす」ことを最優先に考えたとき、自分の求める暮らしの方向が見えてくる。
posted by tosy at 00:00| ごきげん

2022年05月14日

エコキュートの設定確認

我が家の給湯設備はオール電化のためエコキュートという設備を使用している。電気代は燃料費の高騰で昨年よりかなり上がっていることを実感している。
5月分で比較すると1kWhの単価は昨年より148%もはね上がって、25.52円から37.85円/kWhにもなっていた。
そこで、もう一度エコキュートの取扱説明書を読んでみた。

いままでの設定を確認すると、運転モードは「おまかせ」にして、最低貯湯量は「多め」という設定になっていた。
この最低貯湯量とは夜間電力で毎晩湯沸かししている湯量ということで、電気代に大きな影響を与えていると思われる。

以前我が家は子供と四人家族で暮らしていたが、今は夫婦二人の暮らしとなっていて、実際に一日に必要な湯の量は少なくなっている。また万が一湯切れが起きても待つことができる生活だ。
そこで、最低貯湯量の設定を「少なめ」に切り替えることにした。

「多め」と「少なめ」でどれだけ差があるかというと、150Lと50Lの差のようだ。気温が暖かくなった昨今は湯をためて風呂に入るより、シャワーだけで良くなっているので、多分湯量は足りるのではないかと思い設定を変えた。

夜間に自動的に湯を沸かす貯湯システムはエコでかつ生活に便利だが、その生活スタイルによっては設定ミスで電力を無駄遣いすることにつながる気がする。10月から夜間電力の料金が値上げされるそうだ。17年も見直していなかった貯湯量を減らすことでどのくらい電気代が変わるかを今後確かめていきたい。
posted by tosy at 11:20| ごきげん

2022年05月13日

左の指にばね指の症状

スチールギターの練習のせいだろうか、バーを持つ左手の指にばね指の症状が出るようになった。ばね指とはどういうものなのかを調べた。
--
靱帯性腱鞘は指に部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。
--
指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。
--
指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。
--
ばね指に効果的「グーパー運動」
@両手の指を思い切り開いて、5本の指を伸ばします
A手をギュッと2秒間しっかり握ります
B@・Aを10回繰り返します
指を伸ばす時は指の間をしっかり広げ、指が反るくらい強く行うのが効果的です。
posted by tosy at 11:19| ごきげん

2022年05月12日

演奏活動がそろそろはじまる

コロナ禍ではあるが、重症化リスクは下がってきたようだ。音楽活動を始めたいと思う人が増えている。
音楽活動をしている人には人前で演奏をして楽しみたい人や、生の音を耳で聞きたい人たちがいる。

コロナで活動ができなかった約2年4ヶ月間は時間を無駄にしたと思う人も多い。
失われた約2年4ヶ月間をどう評価すべきか自分でも迷うが、自分と向き合えたと考えれば「一人時間の豊かさ」というメリットに気づくし、人とのセッションができなかったことは「人との関係が絶たれ」残念だったと考えることもできる。

自分が思うことは、「音楽で人に楽しんで欲しい」という思いだ。できることなら気の合う人と演奏して愉快に楽しむ体験をしたいと思う。
posted by tosy at 14:46| ごきげん

2022年05月11日

素晴らしい大谷の活躍

しばらくホームランがなかったが、昨日は、レイズ戦でエンジェルスの大谷は5号6号のホームランを打った。

そして今日は、試合前のアナハイム会場で、大谷が昨年に受賞したMVPなどの表彰セレモニーがあった。
球場の観客と選手も敵味方無く、みんなが気持ちよく大谷を拍手で称賛していた。日本人として誇らしい気持ちになるとともに、この映像を見ることができて良かったと思った。
あとホームラン一本でMBA通算100号になるという、今年も頑張ってほしい。
posted by tosy at 10:53| ごきげん

2022年05月10日

ボートにもなる電動自転キャンピングカー

めちゃ面白いアイデア商品だ。
--
サイクリングやキャンプ、湖でボートを浮かべてのバスフィッシングなど楽しみは尽きないが、いま挙げたレジャーすべてに対応する電動自転車が、もうすぐ欧州で発売になる。
「BeTRITON」は、電動自転車の後ろに屋根付きリヤカーをくっつけたような奇抜なデザインだが、このリヤカー部分が荷台兼宿泊用キャビネット、そして水上をたゆたうボートにもなる、おひとり様レジャーの心強い味方だ。
キャビネットはアルミフレームとグラスファイバー製で、車輪にはサスペンションも装備する。ルーフ部分は前後にスライドするようになっており、トライク形態にすればシートベルトつきの”助手席”を用意可能。室内スペースもふたりが寝泊まりできるギリギリの広さを確保しているため、一人旅だけでなく、交互にペダリングして距離を稼ぐ「ふたり旅」も可能だ。

Screenshot 2022-05-08 at 08.21.06 PM.png
--
参照
posted by tosy at 12:16| ごきげん

2022年05月09日

子供から母への贈り物

母の日ということで、娘から妻に花が届いた。
結構うれしい贈り物だ。

Screenshot 2022-05-08 at 07.36.18 PM.png
posted by tosy at 08:19| ごきげん

2022年05月08日

孫たちとパンケーキ作り

昨日は正月以来に子供と孫たちがやってきて、義経鍋を囲んで食事をしながら子ども同士で近況を交換している。
孫の二人はジイジばあばとパンケーキ作りを楽しんだ。初めてのことだったので最初の一枚はビクビクしながら焼き終えた。バターとメイプルシロップをたっぷりと掛けて最初の一枚を平らげて、「おかわり!」といって、二枚目はすこし慣れた手付きで焼けるようになった。

楽しい一日を過ごせたが、みんな帰ったあとはクタクタになり早めに寝てしまった。子どもたちの暮らしぶりを聴いたり、孫の成長を見守れることは、今の生きがいのひとつだと思っている。
posted by tosy at 10:49| ごきげん

2022年05月07日

災害時の停電への備え

災害用の非常食料はあまり蓄えてはないが、ポータブルトイレやポータブルガスコンロと水は備えている。

たぶん停電して一番困るのはスマホの充電かもしれない。
そこで30000mAのモバイルバッテリーを3台用意した。
常時充電して備えておけばスマホの充電なら一週間は持つだろう。
災害時に情報が入らなくなることが最も怖いことに感じている。
posted by tosy at 06:49| ごきげん

2022年05月06日

聞き慣れない言葉「ジェノサイド」

ロシアがウクライナに対して行っている残忍な侵略行為はジェノサイドにあたるという。
また、2021年1月、アメリカのトランプ政権は、中国政府による新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル人虐殺を、国際条約上の民族大量虐殺である「集団殺害(ジェノサイド)」であり、かつ「人道に対する罪」に認定したと発表した。
「ジェノサイド」は、要件を人種・民族・国家・宗教などの構成員に対する抹消行為としている。
---
ジェノサイド(英: genocide)とは、国家あるいは民族・人種集団を計画的に破壊すること。
国際連合で採択された(1948年)ジェノサイド条約(集団抹殺犯罪の防止及び処罰に関する条約)
同条約第3条により、次の行為は禁止され集団殺害罪として処罰される。
集団殺害(ジェノサイド)
集団殺害を犯すための共同謀議
集団殺害を犯すことの直接且つ公然の教唆
集団殺害の未遂
集団殺害の共犯
---
posted by tosy at 13:06| ちょっと残念

2022年05月05日

鼻炎に悩む

家の片付けをしていて、古い書類を整理すると、必ず鼻炎になって、鼻水が止まらなくなる。
こんなときに一番効き目がある薬を飲む。昔から世話になっているジキニン鼻炎AG顆粒だ。これを飲めばすぐに効き目が現れて、鼻水が止まる。

何度も他の薬を試したが、一向に効き目がなかったので、試行錯誤の結果、ジキニン鼻炎は我が家の必須の常備薬になっている。

最近はドラッグストアでは買えないのでAmazonで頼むようにしている。

Screenshot 2022-05-05 at 11.54.10 AM.png
posted by tosy at 11:55| ごきげん

2022年05月04日

2005年に受けたTOEIC受験の結果

忘れていたが、書類を整理していたら、TOEICの受験結果表が出てきた。2005年のあのころには、息子と一緒に英語をにわか勉強してTOEICを受験した記憶がある。

普段に英語を話すこともないのでリーディングよりも慣れないヒアリングが難しかったと感じていたが、結果を見るとリスニングは375点、リーディングは305点だった。合計点が680点で、受験者の中では、73%のあたりだったようだ。

TOEIC受験は英語を学ぶ気持ちがあった頃の話で、あれから17年経った今では単語もすっかり忘れてしまい話す機会もない。良い思い出となっている。
posted by tosy at 19:00| ごきげん

2022年05月03日

高級老人施設の仕組み

高級老人施設の事業の仕組みを調べてみた。

土地を持っている地主に、大家としてマンションのような建物を建ててもらい、老人施設運営会社が建物を一棟借りをする契約を結ぶ。大家にとっては節税効果と家賃収入をメリットとして得られる。

運営会社は入居者を募集して、入居金としてマンションと同等の金額である約3000万円/戸を支払ってもらい、入居者は2DK(50m2程度)の広さの個室を個人利用する権利を取得する。
建物が竣工すると運営会社の老人施設として介護スタッフを揃えて、入居者はサービス付きの暮らしが始まる。

入居者は、月額8万円程度の管理費を支払うとともに食堂の維持費として月額1万円を支払う。新築当時の入居者によって家賃となる入居金が一時払いされる。しかし運営会社は大家さんには月極の家賃を支払っていると思われる。

入居者が死亡した場合は、退去扱いとなり、部屋をリニューアルする。
募集した新しい入居者は、当初3000万円だった入居金は不要だが、月額40万円の家賃に加えて管理費と食堂維持費として9万円を支払ってもらう。

マンションとは異なっていて、入居者に所有権はなく、賃貸契約と同等の関係にある。運営会社は入居者さえいれば必ず儲かるビジネスを行っている。
posted by tosy at 10:40| ごきげん

2022年05月02日

いつものスチールギター練習

できるだけいろんな曲を弾く練習をする。同じFのキーの曲でも、メロディによって、弾きやすいフレットポジションが違う。
スチールギターの練習でいろんなメロディを弾いてみることが弾き方の理解には大切だと感じる。
一曲を深く練習する方法と曲を変えながら何曲もをいろんなポジションで弾いて練習する方法がある。両方とも必要な練習方法だ。

一曲を何度も深堀りするときは、メロディのどこでタッチを変えるとか、ビブラートを強めるとかを詳細に試してみる。気に入るサウンドをもとめる練習だ。

曲を変えていくときは、自分が記憶しているメロディをそのまま弾くことが良い練習になる。これを続けるとアドリブのメロディを考えつく習慣がついてくる。iRealなどの自動伴奏を聞きながら新曲をスチールを演奏するのは自分にとってかなり刺激がある。
posted by tosy at 10:53| ごきげん

2022年05月01日

なんとコンタクトレンズにモニタースクリーンが映るなんて

すごい技術があるものだ。
Mojo Vision、スマートなコンタクトレンズの最新プロトタイプ--ディスプレイは直径0.5mmだという。
これ欲しい。
--
Mojo Lensは、コンタクトレンズと同様、目に装着して使うウェアラブルデバイス。スマートグラスのように、装着すると文字情報などが目の前に浮かんで見える。ハンズフリーで、視線をそらすことなく情報が得られるどころか、まぶたを閉じていても表示が見える。ヘッドアップディスプレイ(HUD)になぞらえ、アイズアップ(eyes-up)で利用可能な、目立たない「Invisible Computing」を実現させるという。

最新のプロトタイプは、中央に直径0.5mmのLEDディスプレイを搭載。画素密度は1インチあたり1万4000ピクセルあり、世界でもっとも小さくもっとも高精細なディスプレイとした。
--

参照

Screenshot 2022-04-29 at 09.52.50 PM.png
posted by tosy at 11:05| ごきげん

2022年04月30日

MACでBand In A Band すぐに落ちる

MACで、スチールギターをこくときに自動伴奏をしてくれるアプリ、「Band In A Band」 を使用してコード譜を制作していると、作業の途中で保存する前によく落ちる。途中でフリーズすると一から作り直すことになって、ストレスが溜まる。

よく落ちるから、作業途中で頻繁に保存するように気をつける必要があるという注意書きを壁に貼った。フリーズはWindowsのアプリでは度々あったことだが、MACではこのようなことは殆どなかったので、久しぶりに嫌な思いをしている。

自分には何が悪い原因なのかまで突き止められないので、頻繁に保存する方法で、なんとか気を取り直して、作業を再開したい。あ〜あ。
posted by tosy at 12:39| ちょっと残念