2018年11月16日

時間の流れ

生まれてから64年、大学卒業から41年。
会社卒業から5年になろうとしている。
時間は容赦なく流れ去る。
きっと次の5年間もすぐに行き過ぎるのだろう。

会社に入って10年はワープロしかなかった。この間にタイピストの仕事は奪われた。
1995年にWindows95が出た頃からワープロよりもパソコンを使うようになった。
2000年頃にはノートパソコンが出てきたが、とても高かった。
2010年にようやくパソコンの低価格が進んだ。

自分が今も保有している最も古いデジタル写真データは2001年のものだ。
パソコンを個人所有するようになって、まだ20年も経っていない。
その間に個人PCで、Windows 4台、Mac5台くらいは買い替えてきた。
どのWindowsPCよりも、いまのMacBook Airは、安定して快適に操作できる。

時代はAIへと進化し、社会の労働環境を大きく変えようとしている。
技術の進化とともに生活が変わり、職場も変わる。
自分は今、自宅に引き篭もっているが、働く若いひとはこれから大変だろう。

自分が次の5年間をどう過ごそうかと、良くもない頭で考えてしまう。
posted by shim at 14:21| Comment(0) | ごきげん

2018年11月15日

WordPressというサイト構築ツール

もう4年前にWordPressをサーバーにインストールしホームページ・ブログの土台を作ったままにしていた。
勉強するつもりでいたが、よく理解が進まず、そのまま放ったらかしにしていた。
その間に、いつでも最新のツールとして動くように、自動的にバージョンアップのアップデートが繰り返されていた。まずここが、不思議というか、このツールのすごい所だと感じる。
4年経ってみると、テーマのデザインが素晴らしいものになっていて、
今風のホームページらしい洗練されたデザインを使うことができることがわかった。
ホームページとしてもブログとしても使うこともできる。
この優れたツールを使おうかなという気になってきた。
一から勉強するのは疲れるのだが、試行錯誤で少しずつなら頑張れるかもしれない。
posted by shim at 11:17| Comment(0) | ごきげん

2018年11月14日

サイトの暗号化をしないと「保護されていない」と表示されてしまう

NetCommons2で作成してきたサイトをGoogle Chromeで表示すると、「保護されていない通信」という表示が出てしまう。
時代とともにセキュリティのニーズが強くなったわけだから、暗号化は必要だ。
そんなわけで作成したサイトは時代遅れの安全性となった。
ログインだけは暗号通信を指定しているので少し安心だが、ハッキングだとか何が起きるかわからない。
結局、ネット社会の安全性は個人レベルでは確保できない。
使うのをやめるか、自分がワンランクアップするか?
どちらも大変だ。
この歳では時代の変化についていくのが、しんどい。
もっと便利で安全な方法に移行するしか無いかも。
posted by shim at 13:29| Comment(0) | ちょっと残念

2018年11月13日

イベントにより人とのつながりが増えること

なにかイベントをすれば、誰かを呼びたくなり、出会った人に声をかける。
会場で人と人のつながりが広がっていく。
すぐに友人どうしが繋がって、ハワイアンの世界は狭いなぁと感じる。

そのうち演奏に誘われたり、依頼されたりもするようになる。
ビジネスでなく趣味の世界にも、人脈があるんだなぁと実感する。
これからもつながりは増えていく予感がする。

気があって長く続く付き合いもあれば、一回きりのお付き合いもある。
そこに選択があって、また面白い。
posted by shim at 16:14| Comment(0) | ごきげん

2018年11月12日

そろそろ年末の大掃除を念頭に

我が家の大掃除をしたいが、一度にはできない。
網戸や窓の汚れ、エアコンのフィルターも汚れている。
部屋の隅にはホコリも溜まっているが、多くの物をどけないと掃除できない。
どれだけやることがあるのか見当もつかないが、
少しずつやるしか無い、しかも期限は年末までに。
毎日ターゲットを決めて頑張ろう。
(決意表明でした)
posted by shim at 11:11| Comment(0) | ごきげん

2018年11月11日

Gibson CF100との別れ

2010年に購入してから8年間所有した。
とにかく小ぶりで軽くて、とても気に入っていたギターだ。
P90のピックアップも良い音を出していた。
大事にして使っていたので、傷は少ない。
ネックもストレートだし、ビビリ音もなく正常な状態だ。
楽器との出会いと別れは、ヤフーオークションによってもたらされる。
楽器については所有欲はつきないし、その興味自体が趣味として大事なことだ。
それでも、年とともに次第に使う楽器が変遷して、別れの時は来る。
そのときに次の所有者を見つけるのだが、
ブランドのある楽器ほど、すぐに欲しい人が見つかる。
金額はいつも同等で、楽器の価値は普遍的だ。
posted by shim at 21:46| Comment(0) | ごきげん

2018年11月10日

朝から晴れの日

どんよりした空が続く毎日だったが、今朝は久しぶりに青空だ。
晴れた空を見ると気持ちが良い。
しばらくすると曇ってくるような気もするのは、西の地平線に富士山が見えないから。

今は東のベランダには日光が差しているのでなぜか気分が良い。
今日は、なにか良いことがあるといいな、と思ってしまう。

はじめての昼と夜の連続ライブ。
今日は頑張れ、今日だけ頑張れ!
posted by shim at 07:50| Comment(0) | ごきげん

2018年11月09日

スチールとギターの持ち替え演奏

どうしても、曲によって、ギターとスチールを持ち替えながら演奏をすることになってしまう。
スチールを前において、ギターを肩にかけて、必要な時にスチールのバーを持つ。
なんと、かっこ悪い演奏姿だろう。

最近のハワイのミュージシャンはスチールを使わない傾向にある。
ふるい日本のハワイアン歌謡には、スチールの音が望まれる。
そのリクエストに応えるためにやらざるを得ない時があるのだ。

自分にとってのスチールの本来の楽しみ方とは別になる。
しかし、トレーニングだと思えば、これほどの難易度の高い訓練はない。
弾き方は一夜漬けで覚えるのが一番。
その時が終わればどうせ忘れてしまう。
修行のようなものだ。
posted by shim at 22:49| Comment(0) | ごきげん

2018年11月08日

舞台業務担当の方との打ち合わせ

ホールの舞台で演奏する場合に、三人の演奏では、ウクレレ・ボーカル、ギター・ボーカル、ベースの音を会場に出してもらう。
ギターとベースはDIをとおしてPAにわたすが、ウクレレはマイク、BGMのときに使うiPadの音をステレオミニジャックから取ってもらうことにした。
これで、iPadの音楽を流しながらスチールを弾くことができる。

こちらの要望を叶えてくれるのが、舞台業務担当の方だ。
音響に関する知識を持っていて、舞台設備を熟知しているので、
それならこうしたら良いという提案も返してくれる。
だから気持ちよく演奏ができる。
有り難い存在だ。
posted by shim at 18:30| Comment(0) | ごきげん

2018年11月07日

昔のハワイアンミュージシャンは誰でもプロになれた

ハワイアンが流行した頃に、ハワイアンバンドを作った人は、
演奏して稼げる多くのイベントが存在した。
音楽的には、あまりうまくない人もいたようだ。
それでもプロとして売った人々が、今もウクレレのレッスンなどで教室を開いていたりする。

その頃は、音楽としての理論もリズムも重要視されていなかったのだと思うが、
年老いてなお、いい加減なコード進行や不安定なリズムのまま、歌を歌い、
それで良しとしている姿を見ると、なにか情けない気持ちにさせられる。
音楽性のレベルが低いのに、プロの顔で話をされるのが痛々しい。

ハワイアン音楽は適当に楽しくやってればいいという考えも、アマチュアとしてはありだとは思う。自分にも返されるべきことだが、プロであれば、音楽的にも高度な知識は必要ではないだろうか。
posted by shim at 11:32| Comment(0) | ちょっと残念

2018年11月06日

2TBの外付けSSDが77000円になった

データ保存上のクラッシュのリスクは、バックアップ保存するか、クラウドに保存するかで解決するしか無いと思うのだが、2TBのSSDが77,000円ということになると、2つ買って二重にバックアップするのも、可能な気がしてくる。
投資額は154,000円にもなるが、クラウドストレージサービスにお金を払い続けると、月額10,000円くらいかかるので、年額120,000円にもなってしまい、SSDなら2年で元が取れる。
しかし、今すぐに2TBが必要ではない。
自分の所有するデータは1TBも無いのだから、、

現時点で、所有するHDDは1TBだから、それと同じ容量のSSDを35,000円で購入することも検討できる。同時クラッシュしない限り自分のデータを保存し続けることはできる。
データを失っても大丈夫かというと、作成したデータの価値を考えると失うと結構つらい。
その意味で失いたくない本当に重要なデータは、250GBあれば収納できる。

結局現状のままで良いということになる。
安全なデータ保存方法は永遠の課題だ。
posted by shim at 23:54| Comment(0) | ごきげん

2018年11月05日

親戚の交流を意識するように

家族でいたころは子供が巣立つまで責任を感じていた。

子供が結婚し、孫が生まれたりすると、
いままで、自分の親戚との交流を意識してこなかったのに、
親戚のあるべき姿はどんな風牙いのかと意識するようになってきた。

堅苦しくなく、束縛しないで、たまに交流する機会をもつ。
孫に理由なく愛情を注ぎ、可愛がる。
もちろん自立した子供には敬意を持って接したいし、
援助する必要もないので、黙ってみていればよい。

そんな関係の中で、たまに食事会などするのは
良いものだと考えるようになった。
posted by shim at 15:49| Comment(0) | ごきげん

2018年11月04日

和食の良さ

今日は懐石をいただきました。
一に出汁。
二に素材。
美味い和食に感激することが多くなったのは
歳のせいかもしれない。
美味い和食を食べると満足度、幸せ度が高い。
感謝。
posted by shim at 21:06| Comment(0) | ごきげん

2018年11月03日

音楽の著作権って、、

著作権料はある種のストックビジネスのように見えるかもしれない。プリンターを売って、消耗品のインクを継続的に販売するのとは違うが、CDプレイヤーを持つ人に音楽というコンテンツを波及するように売るのだから。
音楽は消耗品ではないので一度手に入れたら二度は買わない。作品として違う色のインクを作れば、再び売る機会がある。
芸術はアイデアと創造の世界。
それを守るのが著作権か。
posted by shim at 07:34| Comment(0) | ゆかい

2018年11月02日

気軽に手伝いを引き受けると積み重なって重しに

数カ月先のイベントの手伝いを頼まれるが、
気がつくと連続的に働かなければならなくなって大変な思いをする。
イベントの参加者の確認、演奏情報の収集、コード譜の用意、練習、音響への依頼事項の要請、音響調整、本番。
フラが入るとなお複雑になり、打ち合わせ事項は増える。
新曲も遠慮なく入ってくる。

お手伝いは一ヶ月に2回くらいが限界かもしれない。
そうしないと、きちんとした仕事ができない。
自分の能力の適正な活用を意識すべきだなと反省する。

できればボランティアは最小限にしていきたい。
posted by shim at 11:37| Comment(0) | ごきげん

2018年11月01日

年老いても少しの気遣いの大事さ

誰しも歳を取ると忘れっぽくなる。
自分がそうなっていると気づかず人と接している気がする。

だから余計に気を使い、人と会う前に前回のやり取りを復習し、
宿題がなかったか気を使う必要がある。
頼まれていたことを忘れていることが多いからだ。

また、相手の目的についてもっと汲み取って対応することも大事だ。
忘れても平気だという年寄りにはなりたくない。
相手をリスペクトする、ほんとうの意味は相手に興味を持って接すること。
誰しも人から大事にされたいと思っている。

気遣うということは、そのための時間を費やすことになる。
残る命の時間の使い方は大事だ。
posted by shim at 13:01| Comment(0) | ごきげん

2018年10月31日

高齢者の元気の源

フラをされていらっしゃる高齢のご婦人方を見ていると、
ステージに上のお化粧や、ステージでの演舞など
いきいきとして、目を輝かせていらっしゃる。
バックで演奏していてパワーを貰えることも多い。

無論、ケイキフラのように可愛い魅力には勝てないのだが、
ステージへ執着心を持って、やる気満々のお年寄りパワーはすごいと思う。

ただ、何度も同じことを確認したり、開催日時などの大事なことを忘れてしまったり、
イントロやエンディングの演奏の正確な情報を理解できないなど、
イベントを進める上のトラブルも多く、
ステージミュージシャンにとっては注意の必要な方々といえる。

昔のスタイルのハワイアンバンドのお父様達がフラとの付き合いを面倒がる気持ちもよくわかる。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年10月30日

ナイロンギターの音質は柔らかい

最近、半分はナイロンギターを使用している。
スチール弦のギター音とは異質の柔らかな音だ。
キンキンした音ではなくマイルドなトーンが売りなのだが、
早いコードストロークには向かない。
アルペジオ的な弾き方のほうがトーンに合うのだ。
従ってスローな曲ほどナイロン弦ギターはマッチする。

このギター自分の好みではあるが、
ハワイのミュージシャンはほとんどがスチール弦なので、
聴いている人にとっては、どうなのか評価を聞いてみたいところだ。
使っているのは、GodinのACSslimで、ギターシンセとして音を出すこともできる。
シンセは遊びだけだが、そのうち懐メロでシンセデビューもしたいと思っている。

ナイロン弦ギターのマイルドな音はウクレレの音との相性も良い。
もう少し音を極めて行きたい。
posted by shim at 15:12| Comment(0) | ごきげん

2018年10月29日

高齢者の悩みに応える御用聞き

照明器具の買い出しと取付など、御用聞きになんでも依頼できるという便利なサービスが有るそうだ。
料金は5分間で100円、一時間で1,200円、場所によって出張料などもかかるらしい。
パソコンの操作方法、粗大ごみだし、など高齢者が自分でできないことを依頼できる。
リーズナブルな料金で生活の不自由さに対処してくれるサービスだ。
子供がいても生活の邪魔をしたくない高齢者にとっての味方といえる。

自分なら何を頼もうかな、と想像してしまう。
専門的なことは無理だろうから、今の所はないかもしれない。
だが、あと数年もして体が不自由になったときは、きっと頼みたいことが出てくるだろう。
きっとありがたいサービスになる。
posted by shim at 21:58| Comment(0) | ごきげん

2018年10月28日

スチールギター演奏の録画手順

SONY HDR-MV1を使って録画している。
軽いのでマイクスタンドの先端に取り付けられる。
スチールギターの真上にカメラを配置する。
PCのバッキングトラックを再生する音はFenderのアンプにつなぐ。
この時にステレオからモノラルに変換して接続。
スチールのシールドはいつもどおりFenderアンプから出す。
マイクをアンプの前に設置して、マイクのケーブルを直接カメラの録音端子に接続する。
いきなり撮るので緊張するが、何テイクかを撮って終了する。
カメラのSDカードを取り出してPCにつなぐ。
iVideoで、ましな部分を切り出して、テロップを付け、一番低い画質で書き出す。
そもそも絵は重要ではない。
そのデータをユーチューブに投稿し、フェイスブックで紹介する。
ユーチューブにあげるとこのブログにも貼り付けられることに気づいた。

まぁ下手くそだと思っても実力だから仕方ないのだが。

When You Wish Upon A Star
posted by shim at 15:23| Comment(0) | ごきげん