2018年07月22日

人が成長するために苦しみがある?

これは逆説で、「人は生きる過程で苦しいことが起きるが、それを乗り越えて生きなければならない」というのが現実だろう。
誰もが苦しみがなくなることを求めるはずだ。
反面、苦しみを乗り越えることによって人が成長することも事実。
なんであれ苦しみがなくなれば幸せなのか?
それは、その人生が終わるまでわからないことなのだろう。

あるシスターは「その人の苦しみが消えてなくなりますように、とは祈らない」という。
「その人がその苦しみを乗り越えられるよう力をお与え下さい」と祈るのだそうだ。
posted by shim at 08:23| Comment(0) | ごきげん

2018年07月21日

ベランダから足立の花火を見て

斜めに見て右半分は近所のマンションに隠れてしまうが、
我家のベランダから、足立の花火の左の半分弱が見える。

土手は暑いしトイレも少ないし、人混みの混雑がすごいことから
近いのだが荒川土手まで行くことを避けて、自宅でのんびりすることにしている。
少しばかりの視界だが、花火は美しく、華々しい数千発のラストのクライマックスには感動した。

ちょうど一時間で花火は終了。
すぐにエアコンの効いた部屋でくつろげるのが一番。
居酒屋のような唐揚げ、焼き鳥、焼きそば、イカリングのつまみとビールが今夜の食事だ。
カットされたスイカを食べて、さらに夏の気分を味わう。

特別な時間を演出してくれる花火に感謝する。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月20日

懐メロカラオケという集会イベント

ユーチューブにたくさんのカラオケが掲載されていて、
その懐メロカラオケの映像を流して、数十人の集会で歌うという会を開催した。

音響のためのスピーカとマイク、離れても文字が見える明るめのプロジェクター
映像を流すパソコンは必須機材だ。

一回に20曲のプログラムをつくる。
10曲で休憩し、体操をする。

高齢者向けのイベントとしては、準備は比較的に楽にできる。
生ギターの弾き語りが聴きたいと要望をもらうのだが、
コードを用意したり、投影用の歌詞を作ったり、はるかに準備は大変だ。
posted by shim at 12:06| Comment(0) | ごきげん

2018年07月19日

猛暑が続く

バス停でバスを待つ少しの間日陰で待ったが、
地面の反射熱でフラフラしてくる始末。

猛暑続きで、外出をできるだけ控えているが、
用事があれば仕方なくでかけている。

家の中も冷房がないとうんざりする暑さになる。
35度から37度という気温が続く。

扇風機のほうが好きなのだが、流石に今週は冷房を入れている。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月18日

サイドギターの難しさ

フォークなどでギターを覚えた人にとって、
ハワイアンサイドギターはストロークは慣れるまでが難しい。

ハワイアンのフラで使われるウクレレストロークは
一拍に三連符のビートが隠れていて、なれないと三連のノリを出すのが難しい。
タッタ、タッタ、タッタ、タッタ
と4拍刻むと、1小節。

ハワイアンではこのタッタの一拍が三連ではタアタとなる。
タアタ、タアタ、タアタ、タアタ
で1小節というノリなのだ。

教えても一回でできる人はいない。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月17日

年に一度(?)のAmazon Prime Dayだから

だから何があるのか知らないが、
Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GBも3,280円と40%OFFだ。
安い!しかし、iPad-miniを持っているので必要ないと判断。
ネットでもセールにはつい反応してしまう。

前から興味を持っていたFire TV Stickが3,480円で、
30% OFFのセールをしていたので、こちらは買ってしまった。
新しいものへの興味は尽きない。

これをテレビに挿すだけで、テレビでPrime Videoを観られる。
一応、Prime会員なのでサービスを享受したいものだ。

いままでも、iPadでPrime Videoを視ることはできたが、
テレビに繋ぐにはHDMIケーブルでiPadとテレビを繋いで、
iPadで映画選択の操作しなければならなかった。

Fire TV Stickだと、専用リモコンで音声による操作で映画の選択もできるようだ。
posted by shim at 07:21| Comment(0) | ごきげん

2018年07月16日

GarageBandによる音楽の編集をしてみて

GarageBandで、多重録音をしてきたが、音楽編集では今まで使ったことのなかった機能に気づいた。
それは、各トラックのボリューム調整だ。
今回は、4つの曲を時系列に繋ぐ作業をした。
つなぐタイミングは、時間で決めた。
0:16秒で2曲目につなぎ、2:13秒目に3曲目につなぐという具合だ。
これは結婚式で使用する生い立ちビデオのBGMに使うため、
画面の切り替わる時間と同期させなければならない。

1曲目を終わらせるときに、音をフェードアウトさせたい。
ボリュームのレベルを折れ線で調整する機能があめので、
数秒前から徐々にボリュームを下降させる。
トラックを増やして2曲目をつなぐ。

音楽は小節数表示で長さを見ていたが、今回はタイム表示にして
音楽をつなぐタイミングを合わせることが出来た。
素人作業だが、ビデオと音楽がシンクロすると達成感があり楽しめた。
posted by shim at 07:08| Comment(0) | ごきげん

2018年07月15日

限りある健康寿命に至るまでのくらし

左手の腱鞘炎が治りかけていたところで
一日3時間の本番ギター演奏で、また悪化した。

筋力低下を補うにはタンパク質の摂取とトレーニングが必要らしい。
猛暑が続いて基礎体力にも衰えを感じる。

健康寿命は何歳までなのかを家内と話していて気づくのは、
周りの男性を見たときに、概ね80歳になると活動量は下降してくる。

足腰が悪くなったり、病気がちになったり、外出が嫌いになる。
音楽で自分が付き合う男性は70代の人が多く、80歳に近い元気なロータリアンも多い。

たとえ90代で他界する長生きの人であっても
さすがに80代には社会的活動は控えてくる。

海外旅行なども70代でおしまいが普通だ。
残りの健康寿命がどれだけあるかは、人それぞれだが、
充実感を味わえるように工夫して暮らしていきたいものだ。
posted by shim at 07:15| Comment(0) | ごきげん

2018年07月14日

大江戸ハワイ2018 に出演して

大江戸ハワイというイベントは今年で3年目の開催だという。
たいめいオムバンドの出演は2回目で、出演者の家族も見に来てくれるなど、
公開ステージが楽しめるようになった。

ステージ上だとコーラスや楽器のバランスがよく分からず、
やりにくくも感じたが、フラの飛び入りもあって、ステージ的にはまずまずだった。
MCなどのステージマナーについては場慣れは重要だと思った。
マイクを通して歌声が通る人と通らない人がいる。
マイクの使い方や耳も影響を与えるが、
ボイストレーニングでどこまで通る声質に改善できるのだろうか。

楽しんで演奏するパフォーマンスはとても大切だ。
心から楽しんでいることは見る人に届くものだ。
posted by shim at 16:38| Comment(0) | ゆかい

2018年07月13日

自分の行動の履歴

いまや、フェイスブックなどのSNSは、
個人の生きた軌跡を記録しているといえる。

人間は過去のことを忘れるように出来ている。
よいことも悪いこともやがては意識から遠のいて、
忘れていく。

ところが、ネット社会では、あらゆることが記録され、
自分の銀行口座の履歴、amazonの買い物の履歴、
ヤフーオークションの記録、膨大なメールのやりとりの記録、
膨大な数の写真、などの記録が残っている。

自分が何をして生きてきたのかの記録とも言える。
自分にとって必要かどうかは別として、
記録は記憶を呼び戻す。
そして、次の行動の反省材料など糧となる。
デジタル社会になってからの変化だと思う。
posted by shim at 11:04| Comment(0) | ごきげん

2018年07月12日

演奏を楽しむには

演奏をして自分が楽しむには、
イントロ、エンディングがきちんと出来た。
テンポが良い。
リズムが心地よい。
ハーモニーがよい。
楽しさが伝わる。
間奏の音色が良い。
音響バランスがよい。
声の通りや音質がよい。
など、自分がよいと感じる点を実感する必要がある。

演奏者同士のセッション感も大切で、お互いの演奏に触発されると
より楽しさが増す。

演奏者には楽しい演奏をぜひやってほしい。
posted by shim at 10:57| Comment(0) | ごきげん

2018年07月11日

いつもハワイアンが聴けるインターネットラジオ「Hawaiian Rainbow」

昔にダウンロードしてあった、iPadは専用のアプリで今でも聞けるが、
新しくiPhoneでダウンロードした同じアプリでは、
聴くためには課金が必要になってしまった。

iPhoneの場合は、別のアプリで「Hawaii Radio」という物があった。
これをダウンロードするといくつかのラジオ番組の中から
Hawaiina Rainbowを選局できて、無料で聴くことができる。

一日中ハワイアン音楽を流しておくには最適だ。
posted by shim at 13:32| Comment(0) | ごきげん

2018年07月10日

孤立している人が増えているようだ

足立区は、孤立ゼロというスローガンをもって活動を支援している。
孤立とは、一週間に話す相手がほとんどいない、などの判定の仕方もある。
話し相手や相談相手がいない、家族からも孤立している、
そんな人は増えているそうだ。

特に高齢で妻に先立たれた男性は、ひきこもりになり、
近所付き合いもなく、亡くなっても気づかれない。
そんなことにもなりかねない。

孤立をなくすのに男性の居場所づくりが求められ、
音楽も活用できるのではないかと考えるが、
歌声喫茶やカラオケでも十分な成果は期待できる。
posted by shim at 07:37| Comment(0) | ごきげん

2018年07月09日

ギター演奏後の腱鞘炎

ギターの演奏は、左手でフレットを抑え、右手で弦を弾く。
左手の握力と指の動きのスピードは曲のリズムを左右する。
練習でも起こる時があるが、ライブを終えると左手が腱鞘炎を起こすことが多い。
スピード感のある曲を真剣に弾くほど、手に力が入る。
筋力が不足していたためか、高齢になったためなのかもしれない。
基礎トレーニング、筋力アップ、指のストレッチなどいろいろやっているが、
本番の演奏の指の酷使には、かなわないようだ。

依頼される演奏を受けすぎないように、注意が必要だ。
指が回復するのに4−5日かかることを想定して予定を組むことにしたい。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月08日

リズム感の難しさ

どんな楽器でも、歌であっても、演奏にリズム感を出すのは難しい。
リズムの良さは心地よさにつながる。
リズムがダメなバンドはどうにもならない。
リズムの良さはノリの良さと関係する。

リズムに乗らない歌を歌わないでほしいし、
リズムに乗らないギターもベースも話にならない。
音の数が多いサイドギターは大事。
音数は少ない楽器でも、出す音にリズム感が漂っていないといけない。

上手い人は音の数を減らしてもバックで刻むリズムが聞こえてくるものだ。
posted by shim at 22:08| Comment(0) | ごきげん

2018年07月07日

Pignoseのソフトケースにラップトップスチールギターを収納して持ち運ぶ

Pignoseというスピーカ付きミニエレキギター専用のソフトケースを購入した。
長さ800mm x 幅300-140mm x 厚み50mm
リュック式のショルダーベルト付き
これにはラップトップのスチールギターの持ち運び収納にピッタリだった。
10mm厚のクッションも入っていて、ぶつけても安心だ。
今までのミニエレキギターのケースよりも寸法がちょうどよく、
しっかりしている。
練習などで脚無しのスチールの人は、みんなこれを使うと良いと思う。
とくに高齢者のスチールの持ち運びには最適だ。
posted by shim at 19:25| Comment(0) | ごきげん

2018年07月06日

ピッチが不正確なハーモニーは迷惑もの

三部コーラスをするためには、三人の声が必要だ。
しかし、三人共ピッチが正確でないと、ハーモニーは生まれない。
一人でも必要な音程で声が出せなければ、そのコーラスはやめたほうがよい。
だせる音程に変更修正をかけるのは構わない。
不協和音となることは避けなければいけない。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月05日

写真を動画に編集してみる

MACのiMovieで写真を動画に編集することができる。
時間軸に写真を並べていく作業は簡単だ。
つぎに写真ごとに動きを設定し、タイトルをいれる。
次の写真に変わるときの効果を選択する。
音楽を挿入する。

という手順で進め、完成したら動画ファイルに書き出す。
これでムービーが完成する。
もっと凝ったいろんな手法があるようだが、
高齢者の素人にはこのへんが体力的にも限界だ。

出来上がればビデオを見て楽しめる。
posted by shim at 00:00| Comment(0) | ごきげん

2018年07月04日

ギャリアンクルーガーのベースアンプMB-150IIIが修理から帰ってきた

ギャリアンクルーガー製の小型で本格的なベースアンプの初期モデル MB-150III。
小型だが十分な低音パワーをもつベースアンプだ。
今回の修理は、故障箇所がインプットジャックの破損による音が出ない状態から
インプットジャックの交換とボリュームポッド七個の交換。

ジャックを挿すときのノイズもなくなり、低音が完全に復活した。
ALBITさんのおかげで前回のツインリバーブの修理に引き続きベースアンプの修理が完了した。
これであと残すはギャリアンクルーガーのギターアンプだが、
スピーカーコーンの周りのウレタンの劣化の問題が主であり、修理を頼むべきか迷う。

アンプが完全復活したので、優れた録音環境が整った。
音楽制作のモチベーションが上がっている。
posted by shim at 21:49| Comment(0) | ごきげん

2018年07月03日

楽しく練習できることも人生の糧

どうせやるなら楽しんでやりたい。
真剣さも出すぎると嫌気になってしまう。
そもそもハワイアンは個性が出る音楽だから、
よほど出来が悪くない限りは大目に見る音楽だ。

しかし、ハワイの人たちはテクニックもボーカルも
基礎ができていて素晴らしいと感心させられる。
教会で鍛えたハーモニーがベースにあるのだろう。
子供時期にこれを学べたらもっと音楽才能が育つと思うのだが、
日本人は育つ過程でハーモニーを少ししか味わっていない。

そこに気づいて我々も少しでも良くなるようにハーモニーの練習を進めるしかない。
posted by shim at 07:31| Comment(0) | ごきげん